参加申込み

後先考えずに、とりあえずやめてみる。

断捨離ってめちゃくちゃ大事ですよね。

僕は元々、喫煙者だったんですが、カンボジアに住んでから禁煙しました。

特に理由はなく、ただ周りのみんなが吸ってなかったから。

僕にとってタバコはコミュニケーションツールであり、リラックスツールだったんですが、

そもそも、吸う人がいないとコミュニケーションツールにならないし、リラックスする方法は別にタバコじゃなくていいし、なにより身体に悪いですよね。

そう、健康的じゃない。臭うし。

そんなことは、重々承知だったんですが、惰性で吸ってました。

カンボジアってタバコも激安で当時はたしか1箱150円くらいだったんですよね。

なので、「安いし、まぁいっか。」ぐらいの感じでした。

なので、冷静に考えたら「別に吸わなくて良くね」となって吸わなくなったと。

そこにモチベーションなんて無いんですよね。

「よし!今日からやめるぞ!!」みたいな気合いはゼロで「そういえば、最近吸ってないなぁ」くらいの感覚。

継続するものって、これくらいの感覚じゃないですか?

気合いいれまくって「よっしゃ!!」ってやるものは、大体長く続かない。

それは、シンプルに疲れるからですよね。

ダイエットが続かない原因もそれ。

頑張ってしまってることは大体続かない。

疲れることは長続きしない。(逆に言えば、頑張ることって凄いよね)

ってなると、『体力をあげる』か『疲れないことをする』かの二択しかなくて、こと断捨離系においては”疲れないこと”であることが大事。

そもそも、断捨離って貴重な体力を無駄に消費しないように、あらゆるものを捨てようとすることですよね。

なのに、捨てようとすることに体力を使ってたら元も子もないと。

そんなわけで、気づけば非喫煙者になってました。

で、今は「1週間禁酒チャレンジ」をしてみてるんですが、これもタバコの時と似たような感覚だなと。

お酒は好きなんですが、惰性で飲んでたんですよね。

とりあえず、毎日寝る前に赤ワインか檸檬堂か一杯飲むと。

ここ半年は二日酔いになることもなく、記憶を飛ばすこともなく、真面目に毎日適量をキープして飲んでたんですが、惰性で飲んでたので一回意識的にやめてみようかなと。

とりあえず、あと3日間は禁酒します!(えらい)

SHARE