参加申込み

人生は「楽しい!」を追い求め続ける果ての無い行動である

アバター posted by にゃも

多くの人々の人生の命題が「楽しいと思う時間の最大化」なのではないでしょうか。

 

少なくとも、ぼくは大学生の頃からこの事について考えてきました。

 

そこで、今回は「楽しい」の考え方が、どう変遷してきたかについて、
過去を振り返りつつ、現在、考えている事をシェアしていきたいと思います。

 

肩書きにおぼれた20歳前半


社会的信用とお金を手に入れ自由が増えたサラリーマン時代

大学を卒業して、新卒で大企業(RICOH)に入り、サラリーマンになりました。

 

この頃の楽しいと言えば、「昔ながらの友達と飲みに行く事」でした。

 

感覚的には、大学生になってお酒の楽しさを知った頃と同じ感覚。

 

使えるお金が増えて、遊びの選択肢が圧倒的に増えたので、それが楽しかったんですよね。

 

社会人になり、新しい出会いが増えました。それは、新入社員として入った会社の同期であったり、
友達が連れてきた人達だったり。

 

そして、その時に気付いてしまったんですよ。
大企業に入るとモテるんだなと。

 

しかも、独身で実家暮らしだったので、使えるお金も沢山あります。

 

サラリーマンというヒエラルキーにおいて、

・有名大卒
・一部上場企業の総合職
・大学の校風の影響で割とオシャレ

は、控えめに言って最強でした。

誰にも見下される事なく、稼いだ金を全部好きな事に使える。
週末は、独身友達と、東京のどこかに集合して、お酒を飲む。
そんな、大学生の延長線上の行為に「楽しさ」を感じていました。

 

新しい世界を見る事に喜びを感じた20代中盤

20代の中盤になり、ホストクラブに入ったり、ワーホリをしたり、世界一周したりします。

 

ここでの楽しさは、「見知らぬ世界を体験する」事でした。

 

歌舞伎町のホストの世界も、オーストラリアで過ごす事も、世界各国のリアルな様子を知るのも
刺激が溢れていました。何故かと言うと、どれも全く経験した事がなかったからです。

 

例えば、
・ホストクラブで売り上げNo.1の生活(毎日同伴)
・月に3万円で暮らせる国があると知り、実際に暮らす(インドで2万円以下)
・英語でコミュニケーションしながら、相手の国の話を聞く

このように、サラリーマンでは絶対知り得なかった世界を知るのが喜びでした。

 

この未知への興味は今でも持っていて、
・国際貢献を仕事として生活する
・オランダでフリーランスビザを取得し生活する
・後進国で現地の人達とビジネスを1から作る

などは、まだやった事がないので、将来やってみたいなぁと思っています。

 

このように20代後半では、「新しい事を体験する」事に、楽しさを感じました。
学びが「楽しい」になったのは、20代前半からの大きな変化です。

 

人と協力して何かをやる事に喜びを感じた30代


ツイッターを通じてできた出会い

30歳に結婚して、台湾でセミリタイヤ生活を始めました。

 

労働を最小限にしつつ、本を読んだり、語学の勉強をしていました。

 

何故なら、台湾の相手の両親の実家(超田舎)に住んでいたので、
お金を使うところがなかったためです。
自己投資(語学・投資・本・ゴルフ・ピアノ)に力を入れ始めました。

 

台湾の妻と田舎で、のんびり暮らしながら、自己投資する生活。

 

その中で自分の考えが変わるきっかけがありました。
それは「筋トレ」です。

 

台湾田舎生活の中で、運動不足を解消するため「筋トレ」を始めます。
これが、意外に楽しかったのです。
なぜ、楽しいか因数分解すると、以下の3つでした。

①目に見える成長がある
②運動する事でスッキリする
③体を鍛えるという目標を持った友達が増える

特に、③の気付きが一番大きかったのです。

 

今までの人生を振り返って見ても、「誰かと一緒に同じ目標に向かって頑張る事」って楽しかったんですよ。
例えば、

・友達とゲームで切磋琢磨をする
・部活で全国大会に出ようと頑張る
・ビーチでナンパをする←

これらって、誰かと同じ目標に向かってやるから楽しいのです。
1人でも楽しめますが、「仲間が居ると楽しさが何倍」にもなります。

 

現在の喜びについて

今、楽しいと感じる事は、誰かと「こんな仕事を一緒にしよう!」と、考えて一緒にやる事です。

 

最初は、小さい仕事ばかりでしたが、段々と規模が大きくなってきて、自由度も増えてきました。

 

2018年と2019年の前半は、同じ目標を持った友達を増やしました。
今後は、トークンハウスのメンバーやツイッターを通じて出会った人達と
面白い仕事を生み出し、形にしていきたいと思います。それが今の喜び(楽しい事)です。

 

この記事を最後まで読んで下さったあなたとも
将来、一緒にビジネスができたら最高ですね。

SHARE