参加申込み

ほっと一息つけるコミュニケーションと偶然との出会い

植木大介 posted by 植木大介

コロナウイルスの影響で、在宅(定住)ワークをする人が爆発的に増えた。

リモートワークは今まで一定の層がいたし、僕自身もカンボジアでリモートを続けていたので、特に違和感はない。

ただ、リモートワークと強制的な定住ワークは意味が全然違う。今までノマド的に海外や国内を転々として仕事をしていた人たちも、今回は大きく働き方の前提が変わっているはずである。

僕自身、これだけ在宅で同じ場所で仕事をするのは、初めてだ。

移動時間を削減できる、自分のゾーン(集中環境)を作りやすいなどのメリットはあるが、 逆に息抜きが作りづらいというデメリットもあると感じている。

 

この1ヶ月はコロナウイルスもあり、大枠の事業戦略、3年間の事業計画を全て修正し、相当仕事にのめり込んで、精神が削られていた。

人生において本当は大事なものも、この期間は全くなかった。常に仕事のことで頭が満たされていた。

 

そんな時に、トークンハウス のシェア会に参加すると本当にいろんな安らぎが得られる。精神の健康を保つのにとても大事な時間だ。

みんながこれからの未来や今からチャレンジしていくことを発表して、一緒にワクワクする。

それに対して、少しでも成功確度が上がるように、いろんな経験やバックグラウンドがあるメンバーがフィードバックする。

本当にあったかいなぁと感じられる時間だ。

 

仕事にのめり込むもう一つのデメリットは視野の狭さだと思う。自分の職種や業界、などの知識だけを持っていても、仕事の成果は最大化されない。

異業界のノウハウなどを転用することで、前提が変わり、大きく仕事が前進することは多々ある。

僕も毎回、みんなの取り組みやそれに対するアイディアを聞いて、何か盗もう、自分の人生や仕事にも活かせることないかとワクワクしながら聞いている。

そして実際、学びがめっちゃある。

 

今は週一回の頻度だけど、とっても素敵な時間なので、今後は回数増やしていきますよー!

毎月みんなの進捗などを追いながら、応援したり、励まされたり、最高の時間です。シェア会

SHARE