参加申込み

幸せのレシピを考える。人生を調理するということ。

何のために生きているのか?

一度、深呼吸をして考えてみる。

仕事のため?
成功するため?
何かを成し遂げるため?

そんなギラついた感情が年々薄れてきてるように感じる。

幸せに生きるため。

それしかない。

幸せを感じとることが出来れば、それで良し。

尾道に移住してから、約3週間が経った。

自分でも驚くほど穏やかで健康な日々を過ごしている。

朝起きて、15分ほど坂をのぼって朝日を浴びる。

腕立て伏せとスクワットを100回する。

朝食をとって、読書をしながら、ナオさんにコーヒーを淹れてもらう。

10時〜19時までは仕事。

リモートワークなので通勤不要。

お昼は自炊して、夜はみんなで鍋をつついたり、近所に食べにいったり。

尾道は美味しいお店がたくさんあるので、開拓しがいがある。

基本はナオさんと2人だけど、毎週だれかが泊まりにきたりする。

多すぎず、少なすぎず、程よい人数と距離感が居心地良い。

「尾道で犯罪なんて起きるわけない」

そう言い切れるくらい平和なのだ。

さすがに、それは平和ボケしてるかもしれない。

ただ、ボケれるくらい平和な街も素敵だと思う。

そんな穏やかな日常を過ごして、ふと思うことがある。

『今の自分は本当に幸せなのか?』

時折、こんな問いを自分に投げかけてみるが、多少の胸のざわつきはあるものの、「間違いなく幸せ」と言い切れる。

こんな暮らしをしてる奴が「幸せじゃない」なんて言う資格はあるのか?とも思う。

そこで、幸せのレシピを考えてみた。

「この材料を入れたら、間違いなく美味しいものが出来る」という鉄板レシピ。

ただし、適量を守ること。

幸せのレシピ

幸せ=健康×愛情×挑戦+余白

シンプルにこれだけ。

材料をもう少し分解すると、こんな感じ。

▼健康
・食事
・睡眠
・運動

▼愛情
・対話

▼挑戦
・仕事
・勉強

▼余白
・読書
・遊び心

それぞれの材料が抜け落ちてないか、自分の人生をみてみよう。

過不足はないか?偏ってないか?

どんな美味しい材料でも偏ると良くない。

味が一辺倒になり、すぐに飽きる。体にも悪い。

だけど、複雑すぎるのも良くない。

味の一体感がなく、何を食べてるのかわからない。

人生を調理するということは、これら幸せのレシピをもとに、好みの味付けに調整していくことだ。

今は、少し薄味が良いなとか、もっとコッテリした味が好きだなとか、好みは十人十色。それでいい。

色んな要素をスパイス的に人生に取り入れていくことで、味わい深いコクのある人生になっていく。

SHARE