参加申込み

他人との約束を破っても、自分との約束は守ろう。

「読まれる文章を書こう」という煩悩が出てくる

今日は、少し早いけど書き出していこうと思う。

と思いながら、タイピングを始めたものの、なかなか手が進まない。

こういう日もある。というか、こういう日がほとんどだ。

一筆書きのような文章だけど、自分の頭の中にある言葉を寄せ集めてるので、どうもうまくまとまらない日もある。

今日、うまくまとまってないのには何かしらの原因があるはず。

そう思って、振り返ってみると、ポロポロと出てきた。

・時間帯が早い
・お酒が足りない
・メモ以外のブラウザを立ち上げてる
・読書の時間が少なかった
・「読んでるよ」と言われた

この辺かな。読書時間が短かったのは大きな要因だと思う。

あとは、この駄文が色んな人に読まれてると思うと、急に「読まれる文章を書こう」という煩悩が出てくる。

その煩悩を断ち切るために、こうして毎日文章にして吐き出しているのに、それによって煩悩が増えていたら本末転倒だよなと。

というわけで、この文章は「読んでもらうための文章」ではない。ということを改めて念押ししたいと思います。

そう言いながら、毎日ツイートしたり、トークンハウスのコミュニティメディアにアップするのは、自分を奮い立たせるため。

「読んでもらうため」ではなく「書くため」です。

明日も書くために、今日も書く。そんな意図なんです。

僕は今日も続けます。それは、自分との約束だから。

僕は、割と継続力のある男だと思ってまして、というのも毎月腕立て伏せとスクワットを3000回、かれこれ1年近く続けてます。

ジャーナリングも昨年始めてから、1日も欠かさず書き続けて、今日で317日目です。

腕立て伏せもジャーナリングも、ゴールはありません。誰かに指示されてるわけでもありません。別にいつ辞めたっていいんです。

でも、僕は今日も続けます。それは、自分との約束だから。

他人との約束を破っても、だいたいのことはちゃんと謝れば済みます。

でも、自分との約束を破ると、謝ってもなかなか許してくれません。

というわけで、適当に書き出していたらタイトルが決まりました。

今日は「他人との約束を破っても、自分との約束は守ろう」でいきます。

「自分との約束」の場合は、許す許さないの意思決定が自分にある

そうそう。

「約束を守る」って大事なことだと認識してるじゃないですか?

でも、それって「他人との約束」だけだと思ってませんか?

「自分との約束」は、想像以上に大事ですよ。

だって、先述したけど「他人との約束」は破ったとしても謝れば済みます。だいたい。

それは、許す許さないの意思決定が他人にあるから。

だいたいの人は、他人には優しいです。そんなムキになって怒る理由もないから。期待値も低いし。

でも、「自分との約束」の場合は、許す許さないの意思決定が自分にあるんですよね。

だから、難しい。

自分で自分に謝って、自分に許してもらう。って、大変ですよね。

謝る側が「これくらいなら許してもいいでしょ」と思ってるワケなんで。

そんなヤツ、絶対反省してないじゃないですか。

だから、許せない。どっちも自分なんだけどね。

自分をいたずらに責めるのはDVと同じ

と、いうわけで「自分との約束」は破ってしまうと、かなりややこしい。

だから、なるべく守る。死守する。

それでも、破ってしまった場合は思いっきり許す。即座に許す。

失敗から学ぶのは、成功するためであって、自分をいたずらに責めるのはDVと同じ。家庭内暴力。

自分で自分を責めるのは、ただの自傷行為。そんなのはやめておこう。

「失敗から学ぶ」と「自傷行為」を同じにしてしまうとツラいよね。

でも、大丈夫。

「自分との約束」は守れたら儲けもん。破ってしまっても、秒で許そう。そして、忘れよう。

そうして、「守れたこと」だけを積み重ねていこう。

その積み重ねが自信につながり、次なる「約束」を運んでくれる。

SHARE