参加申込み

思考を熟成させるには?

熟成のカギは「忘れる」

今日は「思考を熟成させる」ということについて書いていく。

熟成とは「時間が経って使える状態になること」らしい。

つまり、思考を熟成させるというのは「考えごとを一晩寝かして使える状態に整理する」ってこと。

でも、一晩じゃ足りない。熟成とまではいかない。

モノによっては、数年間寝かしておいて、ようやく使える状態になる思考もあるだろう。

とは言え、数年間も寝かしておいたら、普通は忘れる。

でも、そこに熟成のカギがある。

「忘れる」ということだ。

「忘れる」をしないと、熟成しない。

一晩で取り出してしまったら、熟成しないから。

数年間わすれておかないと、熟成まで至らない。

忘れていった先に残る薄い記憶の積み重ねが「覚える」

僕らは「覚える」を大事にして育ってきたと思う。

テスト勉強も、バイト先のマニュアルも、ビジネスマナーも、

覚えなきゃいけないことだらけだ。

でも、覚えようとすればするほど、忘れる。

そのくせ、忘れたいことは、ずっと覚えてる。

脳は、天邪鬼だ。ほんと、むかつくよな。

だからこそ、それを利用する。

「覚えるぞ!」と意気込むよりも、「どんどん忘れていこう」と構える。

忘れて、忘れて、忘れていった先に残る薄い記憶の積み重ねが「覚える」だから。

そう、圧縮して積み重ねて、厚みを増していく感じ。カステラと同じだ。

カステラみたいな思考を潰してミルフィーユにする

ちなみに「カロリーゼロ理論」をご存知ですか?

カステラをギュッと潰したら0.1mmくらいの薄さになるから、実質カロリーはゼロ。という暴論。

思考もカステラなんだよな。はじめは。

いくら、本を読んでも、体験を通しても、初めの思考はカステラと同じでフワッフワなんだと思う。

フワフワの思考をいくら集めたところで、それはフワフワの思考の寄せ集めでしかない。

大事なのは、ギュッと潰して圧縮すること。

思考を圧縮するためには「忘れる」ことでしか出来ない。

フワフワの思考を集めては、忘れて、また集める。そして忘れる。

その繰り返し作業を経て、思考が徐々に積み重なっていく。

そうして、出来上がったミルフィーユの思考こそ、「熟成された思考」だと言えるだろう。

SHARE