参加申込み

依存症と投資について

依存症とは「やめたくてもやめれない状態」

思考も摂取してばかりだと身体に良くない。ちゃんと消化しないと。 

というわけで、今夜はだいぶ遅くなったけど、書き出していく。

テーマは「依存症と投資について」だ。

依存症とは「やめたくてもやめれない状態」のことを指す。

アルコール、ギャンブル、薬物、スマホ、Netflix、仕事、人間関係などなど。

この「やめたくてもやめれない状態」が、健全じゃないことは誰でも理解できる。

だけど、頭で理解したところで「やめたくてもやめれない」のだから、困ったものだ。

この「やめたくてもやめれない」を、別の視点からみてみる。

「取り返しがつかない」と思うから捨てれない

類似する感情で「捨てたくても捨てれない」があると思った。

思い出の品や、「いつか使うかも」って思うモノなんかが「捨てたくても捨てれない」ものだと。

なぜ、捨てれないと思うのか?

それは「取り返しがつかない」と思ってるからだ。

一回、捨てたら二度と戻ってこない。と。

いつか使うかもしれないのに、捨ててしまったら、その”いつか”が来たときに取り返しがつかない。と。

そんな深層心理があるのだと思う。

でも、本当に取り返しがつかないのだろうか?

これまでに、「捨てたくても捨てれない」モノを捨てて、取り返しのつかない経験をしたことは何回あるのか?

実際、「取り返しがつかない」と思っているだけで、十分に取り返せてるはずだ。

一度でも罪を犯したら人生終了なのか?

酔っ払って財布を失くしたら人生終了なのか?

思い出の品を捨てたら人生終了なのか?

「取り返しがつかない」というのは、その瞬間にそう思ってるという感情の話であって、

その先の人生で「取り返すための行動」をしていくのは可能だ。

「いくらでも取り返せる」と思えたら、物を捨てることなんてカンタンな話だよなと。

つまり、ここまでをまとめると、

「捨てたくても捨てれない」は「取り返せない」と思うから、捨てれないのであって、「取り返せる」と思えれば、執着心を手放せるので、カンタンに捨てれる。

という話だ。

致命傷を負わないためにも、適度にミスっておくのが賢い戦略

ここで、本題の「やめたくてもやめれない」に戻して考えてみる。

「やめたくてもやめれない」と思うのは、「やめたら取り返しがつかない」と思ってるからなのでは?

仕事を例にすると、わかりやすい。

転職を考えてるとする。

「今の会社を辞めて、新しい会社を探す」という選択肢を取れる人と、取れない人の違いは「取り返せる」と信じてるか、どうかだ。

取り返せると信じてるなら、辞めることに躊躇しない。だって、失敗しても取り返せるから。

でも、「一回ミスったら終わり」と信じ込んでる人は、辞めれない。

「行動しない」ということが、「ミスらない」ために最も合理的な判断になるから。

でも、結果として「行動しない」は一番ミスる選択肢だから危険だ。

ミスっても行動したほうが、行動しないより、長期的なダメージは少ない。

致命傷を負わないためにも、適度にミスっておくのが戦略としては賢いと思う。

と、ここまでをまとめると、

「やめたくてもやめれない」をやめるには「やめても、どうせ取り返せる」と腹落ちすることと
「小さな傷を負うことは致命傷を防ぐために重要」と理解するのが大事。

という話だ。

で、最後にそれが投資とどう繋がるか書いていく。

リスク分散とは「依存先を増やすこと」

投資の世界で「卵は1つのカゴに盛るな」という言葉がある。

これは「リスク分散しようぜ」という意味なのだが、リスク分散とは「依存先を増やすこと」だと思っている。

これは資産に限らず、仕事や人間関係においても言えることだ。

「依存先を増やすこと」は「こっちで生きていけなくても、あっちに行けばいいや」と思えることだ。心の余裕ができる。

学校でイジメられると辛いのは「それでも学校に行かなきゃいけないと思ってしまう」からだ。

嫌なことはやめればいい。でも、やめるという選択肢がない状態で、問題に直面するから苦しくなる。

依存先が1つしかないから「取り返しがつかない」と思ってしまうのだ。

だから、投資する。お金を増やす投資じゃなくて、依存先を増やすための投資だ。

職場、オンラインサロン、家族、恋人、幼なじみ、学生時代の友人、ビジネスパートナー、ラーメン屋の大将、スナックのママ、

依存先を増やすことで、1つに依存しなくて済む。執着心を手放せる。それが健全だ。

SHARE