参加申込み

なぜ、踊るのは難しいのか?BTSのダイナマイトを観ながら人生を考える。

このコラムを書いてる時間というのは、

まったくもって、非生産的で非効率的な時間だと思う。

でも、そういう時間が人生だとも思っている。

生産性や効率というモノサシを捨てたときに、”人間らしさ”というものが出てくるのでは?

というわけで、今週もコラムを書いていく。

歩くのは簡単なのに踊るのは難しいのはなぜか?

それは「動作」と「思考」が増えるから。

複雑になる。

歩くのはシンプルだよね。

だから、動作を思い出さなくて良いし、思考しなくていい。

でも、踊るのはむずかしい。

複雑な動作を正しいリズムで遂行する。

最近、ダンス解説系Youtuberの動画をよく見るんだけど、踊りって本当に奥が深い。

試しに、BTSのダイナマイトのダンス動画を5回見て欲しい。

その後に、踊ってみた系の動画を見ると「いかにBTSのダンスが凄いか」がわかる。

踊ってみた系も普通に上手いんだけど、「上手さ」の解像度が違う感じがする。

そんな感じで、ダンス動画をみていたら、ふと気づく。

「この人たちは、歩くように踊ってる」と。

つまり、踊ってる最中に思考してない。

次は手をあげて、ステップ踏んで、とかっていちいち考えて動いてない。

僕たちが歩くように、ナチュラルに。

人生は踊りのように複雑

でも、みんな最初は踊れないし歩けない。

ただ前に進もうとするうちに、立つ。そして歩きだす。

踊りも同じ。

BTSのメンバーもいきなりダイナマイトを踊れるようになったわけではない。

振付師から教えてもらったダイナマイトを、日々の練習で磨き上げて「BTSのダイナマイト」にする。

意識して繰り返すことによって、無意識で出来るようになる。

人生もそういうもんだと思う。

やること、考えること、たくさんあるよね。踊りみたいに。

すぐに踊れるようになる人もいるし、独創的な踊りを生み出す人もいるし、決して上手じゃないけど楽しそうに踊る人もいる。

鏡をみながら、自分と向き合う。

人生は踊りのように複雑だけど、それを歩くように踊る。

複雑なものをシンプルにするには、思考を手放してもできるくらいに反復すること。

今まで意識的にしてきたものが、無意識的にできるようになったとき、思考を手放せる。

そうやって、徐々にシンプルにしていく。

歩くように。

SHARE